オールオン4とは?

オールオン4とは?

パウロ=マロー:写真

4本のインプラントを用いて、オペ当日に入れ歯から、固定式へという新しいタイプのインプラント治療になります。 このコンセプトはポルトガルのパウロ=マローが開発し、世界中にセンセーショナルなイメージを与えました。 オールオン4とは、4本のインプラントで上顎もしくは下顎の12本の歯を固定式で支えるという治療法になります。

オールオン4:写真

現在までのインプラントは、顎に対して真っすぐにインプラントを埋入することから、インプラントの本数が多くなり、費用の面で非常に患者様に負担が大きかったと思われます。特に総入れ歯の患者様の場合は、8~10本のインプラントを埋入する必要がありますので、費用がおよそ倍となります。
オールオン4の場合は、長いインプラントを傾斜埋入することにより、4本という少ない本数で患者様の負担を減らすことが出来ます。

このページのTOPへ

オールオン4特徴

Time:時間

現在までは、骨移植を行ってからインプラントを埋入するためにおよそ9カ月以上の治療期間が必要となり、そこから、上部構造の作製に入りますので、およそ1年の治療期間が必要となっていました。しかしオールオン4では骨のない症例でも骨移植をして6カ月待ってからインプラントを埋入する必要がありませんので、時間的にも患者様に恩恵がある治療方法になります。

Fast:早い

オールオン4は、手術前まで入れ歯を装着することができますし、手術後に入れ歯を固定することが出来ますので、その日よりある程度の食事をすることが可能となります。
サイナスリフト法を用いた場合は、オペ後も入れ歯の使用が半年以上続きますのでオールオン4がいかに楽かがおわかり頂けると思います。

Few:少ない

本数が少ないという点に関しては、 オールオン4とは?でも説明しましたが、通常8~10本のインプラントを埋入する必要がありますが 、 オールオン4は4本のインプラントを埋入し、12本の歯を支えることが出来ることに利点があります。

Low price:安い

インプラントを埋入する本数が少ないということは、 オールオン4費用を抑えることが出来ます。(下記イメージ参照)
オールオン4は、非常に優れた治療法であり、従来の治療における患者様への負担を様々な点で解消してくれる新しいインプラント治療になります。まだ、日本では一部でしか認知されていない治療となりますが、患者様にはメリットが非常に多い治療となりますので、入れ歯や重度歯周病の患者様への治療選択肢として選ばれることを期待します。

通常のインプラント料金イメージ

通常のインプラントとの料金比較:図

※料金の詳細はオールオン4の費用をご確認ください。

常の場合は、サイナスリフトやソケットリフトなどの骨造成の費用が加わりますので、300万円を超えてきます。
以上のように、 、 オールオン4は、非常に優れた治療法であり、従来の治療における患者様への負担を様々な点で解消してくれる新しいインプラント治療になります。まだ、日本では一部でしか認知されていない治療となりますが、患者様にはメリットが非常に多い治療となりますので、入れ歯や重度歯周病の患者様への治療選択肢として選ばれることを期待します。

こちらのページではオールオン4(All on 4)のメリットをまとめています。特にインプラント治療の費用でお悩みの方には大きなメリットになるかと思います。
渋谷インプラントセンターではオールオン4も含めインプラント治療についての無料相談を受け付けておりますので、オールオン4をお考えの方や、お悩みをお持ちの方はお気軽にお問い合わせください。

無料相談会実施中!個別相談あり TEL:0120-961-640 詳しくはこちらから