インプラントについて

インプラントって何?

インプラントイメージ インプラントという言葉を最近歯科においてよく耳にしますが、そもそもインプラントってなんでしょうか?

インプラントは、スウェーデンのブローネマルク博士が、
1952年にチタンと骨組織が特殊な方法で結合する「オッセオインテグレーション(骨結合)」を偶然発見したことで始まった歯科治療です。

このページのTOPへ

利点・欠点

インプラントの利点

1 自分の歯と同じような感覚でものを噛むことができ、食べ物の味や感触がよくわかる。
2 周りの歯を傷つけない(残っている歯を削らない)。残っている歯に助けを求めずにすむので、自分の歯を保護できる。
3 見た目は自分の歯と同じように、きれいに仕上がり、見た目を天然歯と同じように回復できる。
4 インプラントが顎の骨に力を加えるため、顎の骨が痩せるのを防ぐといわれている。
5 他の歯に負担がかからない。
6 良く噛める。
自分の歯と同じように噛むことができる。
7 発音に支障をきたすことが少ない。
8 違和感が少ない。
9 長期間安定した噛み合わせを維持できる。
10 しっかりしたメンテナンスにより、長期間の使用が可能。
11 治療期間が短いケースもある。
(即時荷重・早期荷重)

インプラントの欠点

1 外科的手術が必要。
2 治療期間が長い。
3 治療費が高額。
(保険適応がないため他の治療より費用が高くなる)
4 骨の吸収が大きい場合や状態により適用とならない場合がある。
(骨移植を行う場合がある⇒要相談)
5 骨粗鬆症や自己免疫疾患など全身的な状態
(重度の糖尿病・心臓疾患・脳疾患・悪性腫瘍などの全身疾患の方、コントロールされていない循環器疾患・精神疾患の方、医師とのコミュニケーションが取れない方、非協力的な方、口腔内の衛生状態の改善がみられない方)などに適用にならない場合がある。
6 インプラント手術・口腔外科手術に、熟練した医師及び設備の整った施設が少ない。
7 上部構造(人工歯)に、マイナーなトラブル
(小さな破折・ネジのゆるみ等)が生ずる事がある。

このページのTOPへ

インプラントと総入れ歯の比較

総入れ歯とは、すべての歯を失った時に歯ぐきの上にのせて使用する装置です。

インプラントイメージ

利点

  • 取り外しできるため清掃が簡単です。
  • 一般的な治療方法のため、どこの歯科医院でも治療ができます。
  • 素材によっては健康保険が適応になります。

欠点

  • 口の中を全体的に覆うため異物感が大きくなります。
  • 強い力で噛むことが難しく、何でも食べられるようにはなれません。
  • 上の入れ歯は落ちたり、下の入れ歯は動きやすく生活に支障をきたす場合があります。
  • 痛みが出やすく、壊れやすいです。

このページのTOPへ

インプラントと部分入れ歯の比較

部分入れ歯とは、歯は残っていますが、多数の歯を失った(ブリッジでは治療できない)場合に使用する取り外し式の装置です。

インプラントイメージ


インプラントイメージ

利点

  • 基本的にはどこの歯科医院でも行っている治療法です。
  • 素材によっては健康保険が適応できるため安価で治療できます。

欠点

  • 天然の歯と同じように強い力で噛むことができません。
  • 残っている歯にバネをかけるため汚れがたまりやすくなります。
  • プラスチックが口の中を大きく覆う事になり、異物感が大きくなります。
  • 発音しづらく、味覚・温度感覚が阻害されます。
  • 一般的な治療ではありますが調整が難しく、いつまでたっても使うことが出来ないことがあります。
  • 歯肉が痛くなったり、部分入れ歯が壊れることがあります。
  • 取り外し式のため口の中で動きます。
  • 部分的に歯を削る必要があります。
  • 上記のような欠点を補うような部分入れ歯は健康保険適応外となります。
    ただし、健康保険適応外の部分入れ歯ですべてを解消する事はできません。

このページのTOPへ

世界3大インプラントの1つ アストラテックインプラント

アストラテックインプラント

渋谷インプラントセンターでは、患者様に提供するインプラントを厳選しています。
渋谷インプラントセンターでは、世界3大インプラントの1つアストラテックインプラントをご提供しています。

現在、世界には、200社のインプラントメーカーがあり、日本には40社のインプラントメーカーが存在しています。

インプラントの世界では、様々な研究が進み日進月歩の世界で、10年前のインプラントと現在のインプラントでは、全く違うインプラントに進化しております。

このページのTOPへ

アストラインプラントはなぜ歯科医に選ばれるのでしょうか?

歯科医がインプラントメーカーを選択する際には、そのインプラントの信頼性・安全性・費用を比較してインプラントメーカーを選択します。
アストラインプラントを選択される歯科医師がなぜ、多いのでしょうか?
その理由は、次の3つにあります。

他社のインプラントと比べて骨吸収が少ない。

通常のインプラントは、5年で平均1.5ミリですが、アストラテックインプラントはなんと0.3ミリしか骨吸収を起こしません。
つまり、時間が経っても変わらずにきれいな歯肉の状態を保つことができます。


他社のインプラントと比べて治療期間が短い

治療期間が短い

アストラテックインプラントは、インプラント体の表面にフッ素コーティングされた他社にはない構造のために、より多くの骨を短期間で呼び込むことができます。

患者様の骨質にもよりますが、最短で6週間で型採りをすることができます。
今までは3ヶ月で標準と言われていました。つまり、今までの半分の期間で型採りをすることができます。

使い捨てドリル

使い捨てドリル

インプラントに使用するドリルは、通常、減菌して使い回しになります。
しかし、アストラテックインプラントでは、感染や切れ味の点より、ドリルを使いすてにしております。
この点は、他社にはないシステムになります。非常に安全で衛生的な配慮がなされています。
もし、自分がインプラントオペを受けるならば、使い捨てドリルを選択します。

このページのTOPへ

最新インプラント!アストラオッセオスピード

オッセオスピード

インプラントは数年にわたる仕様に耐えなければいけませんが、時には部分的な部品交換が必要になることも予測されます。

その際、部品供給が途絶えないために世界的なシェアの大きいインプラントメーカーの部品を使用した方が安心だと考えています。

このページのTOPへ

無料相談会実施中!個別相談あり TEL:0120-961-640 詳しくはこちらから