症例

重度歯周病からオールオン4へ

30代男性で、重度歯周病の方の症例です。

治療内容

主訴

できるだけ早くしっかり噛めるようになりたい。

治療期間

9ヶ月

治療内容

若くして30代で、虫歯や歯周病により歯を失い、非常に困っており、オールオン4の治療方法を知り、無料相談にいらっしゃいました。残せる歯に関しては、できるだけ歯を残して欲しいというリクエストがありましたので、上アゴにオールオン6を行い、下アゴは、できるだけ歯を残し奥歯に4本のインプラントを行うという計画を立てました。治療を行うにあたり、まずは、日々のブラッシングの改善を行い、お口の中の環境が良くなってからオールオン4などのインプラント治療を行った。また、下アゴの歯は、見た目や咬み合わせを考慮してかぶせ物で治療した。

費用

約620万円

BEFORE AFTER

治療におけるリスク

唇、舌、頬、歯肉そして歯牙の感覚マヒ、近接歯牙・顎・上顎洞・鼻腔に対する炎症・疼痛・過敏症・組織治癒の遅延及び顔面部の内出血、傷口の腫れ、処方薬による副作用(吐き気、めまい、眠気、咳、お腹が緩くなる等)、1㎜以下の歯の移動、インプラントの脱落等。
※インプラントの耐久性は、天然歯同様、口腔衛生状態(喫煙の有無、喫煙者の協力度、咬合力、咬み合わせ、骨量、歯肉量、歯磨き、メンテナンス)により変化します。
※成長過程にある方、免疫不全や1型糖尿病の方、放射線治療を受けられている方、ホルモン治療を受けられている方は治療出来ない場合があります。
※骨粗鬆症により、ビスフォスフォネート系製剤を服用されている方は、インプランだけではなく外科処置を行うことができない時があります。

無料相談会実施中!個別相談あり TEL:0120-961-640 詳しくはこちらから