症例

右下2本、左下2本インプラント埋入

50代入れ歯を使用していたが、噛めないのでインプラントを行いたい方の症例です。

治療内容

主訴

入れ歯で噛めないので、インプラント固定式に変更したい。

治療期間

4ヶ月

治療内容

今まで特殊なボタンタイプの部分入れ歯を長く使用していたが、壊れるたびに修理を繰り返し、現在に至っていたので、固定式のインプラントにして噛めるようになりたい。という主訴で来院されました。奥歯が揺れていることもあり、初めに抜歯を行い、傷が治るのを待ってからインプラント手術を行い、ブリッジタイプの被せ物をねじ止めタイプで作製しセットしました。以前は、セメント固定式のインプラントが主流でしたが、インプラント周囲炎の原因となるセメントが歯肉に残留してしまうということで、ねじ止め固定式のインプラントが最近では主流となってきています。

費用

インプラント×4本=120万円
かぶせ物×6本=60万円
計:180万円+税

BEFORE AFTER

左上2本インプラント埋入(サイナスリフト併用)

60代女性、左上に部分入れ歯を装着していた方の症例です。

治療内容

主訴

部分入れ歯を装着していたが、発音がしづらいので、インプラントを行いたい。

治療期間

9ヶ月

治療内容

部分入れ歯を装着していたが、発音がしづらいということで来院されました。装着していた部分入れ歯は、保険外の部分入れ歯で仕上がりは、悪くないものであったが、上アゴということもあり、どうしても発音に影響がでやすい部分入れ歯でした。そのため、部分入れ歯の箇所にインプラントを行い固定式にして、入れ歯の装置を使用しない計画を立てました。
歯を失って時間が経つと骨が吸収して、インプラントを行うだけの骨の高さや厚みがなくなってしまう場合があります。そのため、インプラントができませんと他医院で断れることもしばしばありますが、サイナスリフトという方法で骨の高さや厚みを増すことができます。サイナスリフトを行う際は、骨の造成を行い半年間待ってからインプラントを埋入しますので、治療期間が長くなるというデメリットはありますが、固定式のインプラントを装着できるメリットがあります。今回は、サイナスリフトを行い、6ヶ月待ってからインプラント埋入を行い3ヶ月後にかぶせ物を作製セットを行いました。

費用

インプラント×2=60万円
サイナスリフト=20万円
かぶせ物×2=20万円
計:100万円+税

BEFORE AFTER

治療におけるリスク

唇、舌、頬、歯肉そして歯牙の感覚マヒ、近接歯牙・顎・上顎洞・鼻腔に対する炎症・疼痛・過敏症・組織治癒の遅延及び顔面部の内出血、傷口の腫れ、処方薬による副作用(吐き気、めまい、眠気、咳、お腹が緩くなる等)、1㎜以下の歯の移動、インプラントの脱落等。
※インプラントの耐久性は、天然歯同様、口腔衛生状態(喫煙の有無、喫煙者の協力度、咬合力、咬み合わせ、骨量、歯肉量、歯磨き、メンテナンス)により変化します。
※成長過程にある方、免疫不全や1型糖尿病の方、放射線治療を受けられている方、ホルモン治療を受けられている方は治療出来ない場合があります。
※骨粗鬆症により、ビスフォスフォネート系製剤を服用されている方は、インプランだけではなく外科処置を行うことができない時があります。

このページのTOPへ

無料相談会実施中!個別相談あり TEL:0120-961-640 詳しくはこちらから無料相談会実施中!個別相談あり TEL:0120-961-640 詳しくはこちらから